Pocket

ご祝儀を包むために30,000円を借入できれば十分と考え、消費者金融のキャッシングサービスを一時利用し、次の給料を利用して一括で完済しようと思い契約の申し込みをしたものの、審査結果をうけて考えが変わってしまう方がいます。審査の結果、融資可能と判断されて、契約時の借入限度額が100,000円や200,000円、300,000円などご祝儀のために必要な金額を大きく超えることがあるのです。希望額より多く借りることができるとわかると、ご祝儀に必要な30,000円の借入にとどめることなく、借入限度額いっぱいまで借りる方がいます。遊興費などのために借りたお金を全部使ってしまう方も多いといいます。

限度額ご祝儀を包むために必要な金額だけの借入にとどめておけば、楽に完済できたはずなのに、借入限度額いっぱいまで借入をしたことにより、長い返済生活に苦しまなければいけなくなってしまうリスクがあるのです。また、金銭感覚が狂い、もっと派手に遊びたいなどの理由で、さらなる借金に手を出してしまう人もいます。やがて借金で借金を返さなければいけない状態におちいり、任意整理や自己破産などの債務整理を選択しなければいけなくなる人も多いといいます。このような失敗例と同じ事態を招くことを回避するためにも、ご祝儀のぶんを超える金額の借入は控えるのが賢明といえるのではないでしょうか。