繰り上げ返済をしよう

さっさと借金の返済を終わらせたいと思っている方は、積極的に繰り上げ返済をすると良いでしょう。繰り上げ返済というのは、約定返済とは別に借りたお金を返す方法のことをいいます。約定返済は、毎月○日に○円を返済するという、消費者金融との契約で日にちや金額が決まるものです。約定返済の金額の内訳は、元金と利息です。一方、繰り上げ返済の金額の内訳はすべて元金です。返済のタイミングはいつでもかまいません。

繰り上げ返済繰り上げ返済の良いところは、先述した全額が元金に充てられる点にあります。お金に余裕があるときに積極的に繰り上げ返済をすれば、約定返済オンリーで返し続けていく場合に比べて、早期に完済を迎えることが可能です。また、利息の負担も繰り上げ返済をすることによって軽くすることが可能です。

一点、気をつけなければいけないことをあげるとすると、繰り上げ返済を行なった月でも約定返済はしなければいけません。繰り上げ返済をした金額が約定返済以上の金額であったとしても、約定返済日に返済をしなければ、支払遅延となってしまうため要注意です。そのため、繰り上げ返済によって約定返済日に支払うお金が足りなくなってしまうようなことがないようにしなければいけません。

融資限度額に注意

ご祝儀を包むために30,000円を借入できれば十分と考え、消費者金融のキャッシングサービスを一時利用し、次の給料を利用して一括で完済しようと思い契約の申し込みをしたものの、審査結果をうけて考えが変わってしまう方がいます。審査の結果、融資可能と判断されて、契約時の借入限度額が100,000円や200,000円、300,000円などご祝儀のために必要な金額を大きく超えることがあるのです。希望額より多く借りることができるとわかると、ご祝儀に必要な30,000円の借入にとどめることなく、借入限度額いっぱいまで借りる方がいます。遊興費などのために借りたお金を全部使ってしまう方も多いといいます。

限度額ご祝儀を包むために必要な金額だけの借入にとどめておけば、楽に完済できたはずなのに、借入限度額いっぱいまで借入をしたことにより、長い返済生活に苦しまなければいけなくなってしまうリスクがあるのです。また、金銭感覚が狂い、もっと派手に遊びたいなどの理由で、さらなる借金に手を出してしまう人もいます。やがて借金で借金を返さなければいけない状態におちいり、任意整理や自己破産などの債務整理を選択しなければいけなくなる人も多いといいます。このような失敗例と同じ事態を招くことを回避するためにも、ご祝儀のぶんを超える金額の借入は控えるのが賢明といえるのではないでしょうか。

利息支払いの回避方法

なるべく借金をしたくないと人が思う理由のひとつに、利息の支払いをあげることができます。消費者金融によっては、キャッシングサービスに無利息期間を設定しているところがあります。ご祝儀を用意するために借入をしても、無利息期間中に完済すれば、元金を超える金額の支払いを消費者金融に対してしなくても良いことになる、非常に利便性に優れているサービスといえるでしょう。

期間キャッシングの無利息期間を用意している消費者金融によって、何日のあいだ利息が発生しないのかは異なります。7日間のところもあれば、30日間のところもあります。また、いつ無利息期間がスタートするのかも、消費者金融によって違いが見られます。たとえば、初回契約日や初回契約日の次の日、初回借入日などに設定されているのです。

初回契約日の翌日より7日間無利息とある場合、4月1日に契約が成立すると、4月2日から無利息期間が開始となります。そして4月の8日に無利息期間は終了し、そのあとは契約した利率で利息が発生することになるのです。無利息期間中の完済を予定してキャッシングサービスの一時利用をしようと思っている方は、どのタイミングで無利息期間が発生し、いつ終わるのかを忘れずに確認した上で、予定どおりになる消費者金融に契約の申し込みをしましょう。

ご祝儀が使途の借入

ご祝儀をいくら包むのかを調べてみたところ、自分が思っていたより相場が高く、お金が足りないというピンチに直面する方がいます。親や友人知人といった具合に、誰か気軽にお金を貸してと頼める人がいない、お金を貸してほしいと人にお願いしたみたけれどすべて断わられてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。不用品を売却する、日払い・単発・短期のアルバイトをするなどいろいろな解決策をあげることができますが、消費者金融のキャッシングサービスを一時利用することも選択肢のひとつです。

ご祝儀借金をする契約を結ぶにあたり、借りたお金の使い道を問われることがあります。消費者金融のキャッシングサービスを利用するための申し込みをする際に、使途がご祝儀であれば申し込みを断わられてしまうのではないかと思っている方もいらっしゃるでしょう。すべての消費者金融と断言することはできませんが、使途がご祝儀というだけで借入の審査を受けることができないということはまずありませんので、この点は安心して良いといえるでしょう

借りたお金の使い道がご祝儀ということであれば、借入をする金額は数万円程度とさほど高くない方が多いのではないでしょうか。安定した収入を継続して得ている社会人の方で、ほかに多額の借金を抱えていたり、その借金の返済が滞っていたりするようなことがなければ、消費者金融と契約できる可能性は高いといえるでしょう。賢くキャッシングの一時利用をする方法を把握し、実践することをおすすめします。